今田欣一

IMADA,Yoshikazu

活字書体設計師 typeface designer

1954年、岡山県和気町で生まれる。岡山県立和気閑谷高校在学中に同人誌の編集をはじめたことが活字書体に興味を持つきっかけとなる。九州産業大学芸術学部デザイン学科で活版印刷や写真植字機に出会ってタイポグラフィの基礎を学ぶ。
1977年、写真植字システムのトップメーカー株式会社写研入社。数多くの書体制作に携わる。在職中の1982年に第7回石井賞・第1位。1988年に第10回石井賞・第1位、1990年に第11回石井賞・第2位を受賞。1996年に第14回石井賞・第2位を受賞したのち、株式会社写研を退社。
1997年、有限会社今田欣一デザイン室を創業。2001年から「欣喜堂」ブランドで、復刻書体の開発を始める。CDパッケージの販売のほか、ダウンロード方式によって、デジタルタイプの販売をおこなっている。2016年からは、ウェブフォントとしても提供している。2017年、第16回佐藤敬之輔賞(個人部門)を受賞。

 


問い合わせ

FaceBook:Yoshikazu Imada
Twitter:qinqidong
Hatena Diary:琴棋洞日暦
Seesaa Blog:文字の星屑|アーカイブ

受賞歴:

1982年 第7回石井賞(第1位)
1988年 第10回石井賞(第1位)
1990年 第11回石井賞(第2位)
1996年 第14回石井賞(第2位)

2017年 第16回佐藤敬之輔賞(個人部門)

著書:

『文字の星屑』(創造書房、1992年)

『タイプフェイスデザイン 事始』
 (ブッキング、2000年)
『タイプフェイスデザイン 漫遊』
 (ブッキング、2000年)
『タイプフェイスデザイン 探訪』
 (ブッキング、2000年)

『Vignette05 挑戦的和字の復刻』
 (朗文堂、2002年)
『Vignette11 和漢欧書体 混植への提案』
 (朗文堂、2003年)

 

 

講演会・展示会の記録

 

今田欣一の書体設計「和字と漢字」

 2011年7月3日

 東洋美術学校(東京都新宿区)

 主催:株式会社朗文堂

   → アイデア 349 記事掲載

 

今田欣一の書体設計「活版・写植・DTP」

 2014年6月28日

 不忍通りふれあい館(東京都文京区)

 主催:株式会社文字道

   → 亮月写植室 記事掲載



Type Tours 2016

 

冬:漢字書体の温故知新 (公式レポート)

 北京大学百周年紀念講堂(中国・北京市)

 2016年1月9日

 主催:北京北大方正電子有限公司

    北京大学現代出版研究所

 

春:漢字書体の温故知新

 羊城同創匯(中国・広州市)

 2016年4月16日

 主催:深圳市平面設計協会

 協賛:羊城同創匯、漢儀字庫

    北京北大方正電子有限公司


夏:欧字書体の SUCCESSION

 Tokyo Metropolitan Theatre, Meeting Room 1

 July 2, 2016

 Organizer: typeKIDS

 

秋:和字書体のすがたカタチ

 松聲閣(東京都文京区)

 2016年10月16日

 主催:書体設計講座実行委員会

 

タイプフェイスとタイポグラフィ

 東洋美術学校(東京都新宿区)

 2016年8月6日

 主催:東洋美術学校 サークルQP

 

インタビュー・取材記事の記録

 

「今田欣一:匠人造字、伝承古今」

 『知中 ZHICHINA 008 了不起的宋版書』

 北京・中信出版集団 2017年8月

 

 

「伝統の文字を後世につなげる、書体設計師の仕事」

 『+DESIGNING VOLUME 44』

 株式会社マイナビ 2017年9月

 

 

今田欣一の書体設計「書物と活字と」

 メビック扇町(大阪市)

 2017年1月21日 

 主催:大阪DTPの勉強部屋

 共催:メビック扇町

   → 欣喜堂通信 レポート

 

FONTPLUS DAY セミナー Vol.9
typeKIDS 活字は踊る

 ソフトバンク・テクノロジー株式会社
 新宿オフィスセミナールーム

 2017年7月5日(水) 19:00〜21:00

 主催:ソフトバンク・テクノロジー株式会社
    AZM Design