今田欣一

IMADA,Yoshikazu

活字書体設計師 typeface designer

1954年、岡山県和気町で生まれる。岡山県立和気閑谷高校在学中に同人誌の編集をはじめたことが活字書体に興味を持つきっかけとなる。九州産業大学芸術学部デザイン学科で活版印刷や写真植字機に出会ってタイポグラフィの基礎を学ぶ。
1977年、写真植字システムのトップメーカー株式会社写研入社。数多くの書体制作に携わる。在職中の1982年に第7回石井賞・第1位。1988年に第10回石井賞・第1位、1990年に第11回石井賞・第2位を受賞。1996年に第14回石井賞・第2位を受賞したのち、株式会社写研を退社。
1997年、有限会社今田欣一デザイン室を創業。2001年から「欣喜堂」ブランドで、復刻書体の開発を始める。CDパッケージの販売のほか、ダウンロード方式によって、デジタルタイプの販売をおこなっている。2016年からは、ウェブフォントとしても提供している。2017年、第16回佐藤敬之輔賞(個人部門)を受賞。

 


問い合わせ

FaceBook:Yoshikazu Imada
Twitter:qinqidong
Hatena Diary:琴棋洞日暦

受賞歴:

1982年 第7回石井賞(第1位)
1988年 第10回石井賞(第1位)
1990年 第11回石井賞(第2位)
1996年 第14回石井賞(第2位)

2017年 第16回佐藤敬之輔賞(個人部門)

著書:

『文字の星屑』(創造書房、1992年)

『タイプフェイスデザイン 事始』
 (ブッキング、2000年)
『タイプフェイスデザイン 漫遊』
 (ブッキング、2000年)
『タイプフェイスデザイン 探訪』
 (ブッキング、2000年)

『Vignette05 挑戦的和字の復刻』
 (朗文堂、2002年)
『Vignette11 和漢欧書体 混植への提案』
 (朗文堂、2003年)

 

 

 

文字の星屑|アーカイブ

 

タイプフェイスデザイン[事始]

 

タイポグラフィの前に

◆書写とレタリングと

中学校で学んでいること

筆耕あれこれ

レタリング専科(日本通信美術学園)のこと

◆筆のバラード

1980年代の通教生活

ペンの力を侮るなかれの巻

連綿なんてララッラーララララーラの巻

ローマ字は一日にして成らずの巻

ごっつええ漢字の巻

文字を刻む、心に刻む、時を刻む

 

書体設計の現場から

金属活字のできるまで 株式会社モトヤ「活字資料館」見学会

写植文字盤のできるまで 株式会社写研の場合

デジタル・タイプのできるまで 北京北大方正電子有限公司訪問記

 

ワークショップへようこそ

貘書体で初号活字をつくろう!

白澤書体で写植文字盤をつくろう!

ときわぎ+白澤+Vrijheidでデジタルタイプをつくろう!

 

文字する時間

オックスフォードの思い出1 書写と彫刻 コーパス・クリスティ(Corpus Christi)

オックスフォードの思い出2 活字版印刷の原点 レディング大学(Reading University)

オックスフォードの思い出3 デジタルタイプとの出会い クライスト・チャーチ(Christ Church)

北京紀行1 石の書物をたずねて 乾隆石経

北京紀行2 現代に生きる木版印刷 煮雨山房芸術文化有限公司

北京紀行3 文字と書物の基本をもういちど 中国国家典籍博物館

松阪:本居宣長記念館「宣長、本を出す」展

立川:国文学研究資料館「書物で見る日本古典文学史」展

倉敷:倉敷市歴史民俗資料館「教科書のうつりかわり」展

 

 

タイプフェイスデザイン[漫遊]

 

プロローグ:吉備の国から

平賀元義:『平賀元義歌集』より

武元登々庵:『武元登々庵「行菴詩草」研究と評釈』より

箕作阮甫:『フレイへイドの風が吹く』より

春の旅 スリー・デー・ウォーク

 

福岡の夢(貘書体と鋳造活字)

プロローグ:「雲仙3号」に乗って

1973年:「貘」の原点

1974年:「貘」のスケッチ

1975年:「貘」の原字シート

1976年:「貘」の鋳造活字

エピローグ:「ひかり」で東へ

 

航海誌

第1章 写植との出会い

 「石井細明朝体」 『広漢和辞典』用(1977年)

 「石井中ゴシック体」 改訂版(1977年)

第2章 活字から写植へ

 欧字:「ヘルベチカ」(1978年)

    「オプチマ」(1979年)

    「ユニバース」(1979年)

 漢字:「秀英明朝」(1980年)

 和字:「かな 民友明朝」(1980年)

    「かな 民友ゴシック」(1980年)

第3章 装飾書体の閃光

 「ボカッシイ」(1982年–1984年) 書体パンフレット復刻版:ボカッシイ

第4章 漢字書体の至宝

 「紅蘭細楷書」 簡体字・繁体字(1984年)

 「紅蘭細宋朝」 簡体字・繁体字(1984年)

第5章 和字書体の開花

 「艶」(1985年)

 「ゴカール」(1985年)

第6章 横組みと縦組みの冒険

 「いまりゅう」(1988年–1990年) 書体パンフレット復刻版:いまりゅう1

 「今宋」(1990年–1992年) 書体パンフレット復刻版:今宋(仮)

第7章 打ち上げ花火

 「平成丸ゴシック体」(1993年) 

 

◆コンペは踊ろう   石井賞創作タイプフェイスコンテスト:「今田欣一入賞作品集」

装飾書体の時代 第5回石井賞創作タイプフェイスコンテスト佳作

        第6回石井賞創作タイプフェイスコンテスト第3位

        第7回石井賞創作タイプフェイスコンテスト第1位(前編)(後編)

横組み、縦組み 第10回石井賞創作タイプフェイスコンテスト第1位(前編)(後編)

        第11回石井賞創作タイプフェイスコンテスト第2位(前編)(後編)

書写から活字へ 第14回石井賞創作タイプフェイスコンテスト第2位前編)(後編)

        第15回石井賞創作タイプフェイスコンテスト試作前編(後編)

 

◆初心不可忘 (白澤書体と写真植字)

新入社員教育のこと

原点にかえって

白澤中明朝体

白澤太ゴシック体

白澤太アンチック体

未来へつなぐ

 

東池袋KIDS(吉備書体と電子活字)

プレリュード:東池袋に繰り出そう

1997年:星屑のステージ

1998年:和字書体のメヌエット

1999年:欧字書体のセレナーデ

2000年:漢字書体のファンタジー

インテルメッツォ:さらば東池袋

 

 

タイプフェイスデザイン[探訪]

 

見聞録

本蘭明朝Lの変遷

ゴナとナールのファミリー・ヒストリー

スーシャとゴーシャのつくりかた

紅蘭楷書と紅蘭宋朝の魅力

本蘭明朝と本蘭ゴシックの10年

 

偉人伝

石井明朝体・石井ゴシック体・アンチック体

石井楷書体

石井ファンテールと石井丸ゴシック体

石井宋朝体と石井教科書体

石井明朝体とみっつの和字書体

 

カスタムメイド

「はつひやまと」「わかばやまと」「みのりやまと」のこと

日本タイポグラフィ年鑑1997と「イマリス」

「花蓮華」「花胡蝶」「花牡丹」のこと

小学生向けの辞典に想う

国際的なコーポレート・タイプのために

手探りのなかのデバイス・タイプ

 

講演会・展示会の記録

 

今田欣一の書体設計「和字と漢字」

 2011年7月3日  東洋美術学校

 主催:株式会社朗文堂

   → アイデア 349 記事掲載

 

今田欣一の書体設計「活版・写植・DTP」

 2014年6月28日 不忍通りふれあい館(東京都文京区)

 主催:株式会社文字道

   → 亮月写植室 記事掲載

 

今田欣一の書体設計「書物と活字と」

 2017年1月21日 メビック扇町(大阪市)

 主催:大阪DTPの勉強部屋

 共催:メビック扇町

    → +DESIGNING 43 記事掲載

 



Type Tours 2016

 

冬:漢字書体の温故知新 (公式レポート)

 北京大学百周年紀念講堂 多功能廳

 2016年1月9日

 主催:北京北大方正電子有限公司

    北京大学現代出版研究所

 

春:漢字書体の温故知新

 羊城同創匯(中国・広州市)

 2016年4月16日

 主催:深圳市平面設計協会

 協賛:羊城同創匯、漢儀字庫

    北京北大方正電子有限公司


夏:欧字書体の SUCCESSION

 Tokyo Metropolitan Theatre, Meeting Room 1

 July 2, 2016

 Organizer: typeKIDS

 

秋:和字書体のすがたカタチ

 松聲閣(東京都文京区)

 2016年10月16日

 主催:書体設計講座実行委員会

 

 

タイプフェイスとタイポグラフィ

 東洋美術学校 本部校舎・実習室

 2016年8月6日

 主催:東洋美術学校 サークルQP


インタビューの記録

 

「今田欣一:匠人造字、伝承古今」

 『知中 ZHICHINA008 了不起的宋版書』

  北京・中信出版集団 2017年8月