『ヴィネット』第05号

挑戦的和字の復刻
朗文堂   2002年7月23日発行   3.150円(本体3.000円)

古典のたかみにある名作和字の魅力を発掘して、その成立の背景と人物を探求。
復刻技法によって平成時代の電子活字に甦らせた挑戦的な意欲作。

序にかえて
仮名から和字への提案
あけぼの  粘葉本『和漢朗詠集』より
さがの  嵯峨本『伊勢物語』より
なにわ  近松門左衛門『曾根崎心中』より
あおい  陸軍所『歩兵制律』より
かもめ  『内閣印刷局七十年史』より
はなぶさ  博文館『少年工芸文庫』より
たおやめ  『日本印刷需要家年鑑』より
くれたけ  森川龍文堂活版製造所『活版総覧』より
ますらお  民友社活版製造所『活字見本帳』より
『ヴィネット』第11号

和漢欧書体混植への提案
朗文堂   2003年12月12日発行   3.150円(本体3.000円)

日本語書体とは和字書体・漢字書体・欧字書体の混植であるとして、
前作にひきつづいて復刻技法によって平成時代の電子活字に甦らせた挑戦的な意欲作。

序にかえて
和漢欧混植のすすめ
やぶさめ 定家本『更級日記』より
たかさご 金春本『風姿花伝』より
ばてれん 長崎版『ぎやどぺかどる』より
げんろく 三都版『世間胸算用』より
えど 仙鶴堂版『偐紫田舎源氏』より
はやと 吉岡書籍店『二人比丘尼 色懺悔』より
きざはし 安中商店蔵版『長崎地名考』より
さくらぎ 東京書籍『尋常小学修身書巻三』より
ことのは 博文館『辞苑』より
研究ノート・執筆記事など
◆『アイデア304号』 誠文堂新光社 2004年5月1日発行 2,910円(本体2,771円)

和字書体の歴史をつむぐ

内容:歴史から導かれた和字書体/和字書体を再生する

◆『ヴィネット第14号 文字の万華鏡』 朗文堂 2005年9月27日発行 1,995円(本体1,900円)

和字―限りなき前進

内容:さきがけ 『仮字本末』(1850年)/ふみて 『啓蒙手習之文』(1871年 慶応義塾)より/しおり 『ヨミカタ』『よみかた』(1941年 文部省)より/さおとめ 『尋常小學國語讀本巻八』(1901年 國光社)より/まどか 『富多無可思』4号楷書活字(1909年 青山進行堂)より/ほくと 『新考北海道史』(1950年 北方書院)より/うぐいす 『九州タイムズ』(1946年 九州タイムズ社)より/いしぶみ 『槙舎落合大人之碑』(1891年? 阪正臣書)より/くろふね 『沿溝書体スタイルブック』(1952年 孔版文化の会)より

◆『タイポグラフィ学会誌01』 タイポグラフィ学会 2007年8月1日発行

和字書体の書体分類と展開