●活字書体をまなぶ人へ
POD『タイプフェイス・デザイン事始』

著者より
石井研堂著『少年工芸文庫第八編 活版の巻』(1902年11月 博文館)は、少年のために書かれた12冊シリーズのうちの1冊で、明治時代の活字版印刷の周辺がいきいきと書かれています。とくに現在の活字書体設計について、21世紀を生きる中学生にも理解できるような入門書ができないかと思い、まとめたのがこの『タイプフェイス・デザイン事始』です。

B6判 188ページ 2,100円(消費税込・送料別)2000年6月1日発行
ISBN:4-8354-7001-X

●活字書体をつかう人へ
POD『タイプフェイス・デザイン探訪』

著者より
今井直一著『書物と活字』(1949年4月 印刷学会出版部)は、太平洋戦争後まもなくして出版された活字書体についての書物です。このころ川田久長著『活版印刷史』(1949年3月 印刷学会出版部)、山岡謹七著『造本と印刷』(1948年1月 印刷学会出版部)なども出版されています。このような活字書体設計についての書物ができないかと思い、まとめたのがこの『タイプフェイス・デザイン探訪』です。

B6判 202ページ 2,100円(消費税込・送料別) 2000年12月1日発行
ISBN:4-8354-7007-9

●活字書体をつくる人へ
POD『タイプフェイス・デザイン漫遊』

著者より
中村征宏著『新技法シリーズ36 文字をつくる』(1977年4月 美術出版社)は、わが国の活字書体設計者自身がしるした数少ない書物です。ただ新技法シリーズということから、当時の制作技法に多くのページがさかれているのは残念なことでした。むしろ活字書体設計についての体験談を書き残せないかと思い、まとめたのがこの『タイプフェイス・デザイン漫遊』です。

B6判 202ページ 2,100円(消費税込・送料別) 2000年9月1日発行
ISBN:4-8354-7003-6