使用許諾について

Q:特別な使用許諾は必要ですか?
A:通常は必要ありません。弊社のデジタル・タイプは、印刷媒体はもちろん、ウェブサイト、映画、テレビ、ゲームのグラフィックなど、視覚的に表示されるものの作成に使用していただくために制作・販売しています。また、個人的な目的での使用につきましても許諾しております。ただし、デジタル・タイプそのものをCD-ROMあるいはウェブサイトなどで販売・配布したり、デジタル・タイプのデータを含むゲームなどの販売・配布することは認めれられません。

バージョン・アップについて

Q:バージョン・アップなどのサポートはありますか?
A:バージョン・アップは弊社ウェブ・サイトで公表しております。バージョン・アップは基本的に無償ですが、弊社にはユーザーの情報がありませんので、すべて各販売店様を通じて対応させていただいております。

 

和字書体について

Q:和字書体ってなんですか?
A:ひらがなとカタカナだけの書体です。漢字や欧字(ローマ字)などは含まれません。

Q:どういう字種が使えるのですか?
A:JIS X 0208-1990に基づいた、以下の字種が使用できます(縦組み、横組み)。

Q:漢字や欧字はどうすればいいのですか?
A:より効率よく活用するには、「合成フォント」などの機能のあるアプリケーションが必要となります。詳細は各アプリケーションのマニュアルを確認してください。

 

総合書体について

Q:総合書体ってなんですか?
A:和字書体に、漢字書体、欧字書体をあらかじめ組みあわせて現代日本語の組版を可能にしたものです。

Q:どういう字種が使えるのですか?
A:JIS X0201(半角片仮名をのぞく)およびJIS X0208-1990(第一水準・第二水準)に準拠しております。

 

OTFについて

Q:OTFってなんですか?
A:Adobe社とMicrosoft社が共同で開発したフォントフォーマットです。PostsScriptフォントとTrueTypeフォントを統合する意味で開発されました。PostsScript形式のOpenTypeフォントではベジェ曲線が採用されています。

Q:使えるOSは何ですか?
A:OpenTypeフォントが使える環境は次のとおりです。

Q:OpenType機能は使えますか?
A:PDFファイルにエンベッド(埋め込み)可能、アウトライン化可能です。しかしながら、Adobe InDesign、Adobe Illustratorのプロポーショナル・メトリクス機能には対応しておりません。また、OpenTypeフォントに対応していないアプリケーション(バージョン)では、正常に表示できない場合があります。

Q:収容されている字種は?
A:OpenType Std版ですが、JIS X0201(半角片仮名をのぞく)およびJIS X0208-1990(第一水準・第二水準)以外の文字は含まれていませんので、字体切換では対応されません。

 

書体名について

Q:KR、KO、SDってなんですか?
A:KR(Kinkido Revival)は欣喜堂TTF、KO(Kinkido Opentype)は欣喜堂OTF、SD(Stardust Design)はほしくずやOTFの識別記号です。

※欣喜堂では2011年11月30日をもってTTF製品の販売を終了しました。

Q:書体の名称はどうなっていますか?
A:識別記号、ファミリー名とスタイル名との組み合わせです。さらに総合書体のファミリー名は、和字書体名+漢字書体名でできています。「さおとめ金陵」は、和字書体「さおとめ」と漢字書体の「金陵」でできていることをあらわしています。また「おゝさおとめ」は「さおとめ」の字面を大きくしたということです。ほしくずやでは「ゆきぐみラージ」などのように表記しています。

Q:スタイル名の、L、M…と、W1、W2…とはどういう意味ですか?
A:どちらもウエイトをあらわしています。欣喜堂ではL、M…、ほしくずやではW1、W2…を採用しています。その関連はつぎのとおりです。

 

ウェブサイトについて

Q:リンクしてもいいですか?
A:リンクは http://www.kinkido.net/ に、サイト名は「欣喜堂」または「欣喜堂★活字書体設計」でお願いします。法人登録のサイトなので、個人名およびフォントデザイナーという記載はしないでください。


よくある質問